読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

三井所選手の伸びが凄い!最終回

こんばんは。

いまだにマスクが離せないさきまいKです。(苦笑)

 

花粉症なんですが、ほこりアレルギーでもありますし夏から秋にかけてのカモガヤとかいう花粉もだめらしくて、さらに季節の変わり目には必ずと言っていいほど風邪ひきますし、インフルエンザとかも3年連続かかったことありますし、ノロウィルスとか怖いですし、風邪とか引いて飛沫感染させるほうですし。(TT)

 

はい、ぐだぐだ書いてみました。(苦笑)

 

さて、三井所選手の伸びが凄い!最終回です。

ほんとにすげー!って言ってもらえるようなレースをご紹介します。(笑)

 

ハードルあげすぎましたかね?(苦笑)

 

では唐津のお正月レース、第57回佐賀県選手権の優勝戦を見ていきましょう。

出走表は以下の通りです。

 

f:id:sakimaikk:20170522223230j:plain

出典:BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | レース 出走表

 

佐賀のスター選手が揃ってますね。

2号艇に峰選手、3号艇に深川選手と強力です。

 

では早速スタートから見ていきましょう。

 

f:id:sakimaikk:20170522223607j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

スリットからです。

峰選手がスタートで後手踏んでしまったんですよねー。

 

内からスタートタイミング、コンマ15、19、15、10、05、16です。

4号艇上野選手と5号艇宮地選手がこれまたいいスタート行きまして。

 

インが逃げるには2,3号艇の壁が大事なんです。

2,3号艇が凹んでしまうと、1号艇は4号艇や5号艇に捲りや捲り差しの格好の餌食となってしまいます。

 

2、3号艇がいないから4号艇が握りやすいですし、応戦して1号艇が握ろうものなら4号艇が捲り差しに変化するか、1、4号艇がもつれてがっぽりあいた1Mに5号艇が捲り差しで突き抜けたりしますので。

 

で、このレースはどうなったか見てみましょう。

ターンマーク前です。

 

f:id:sakimaikk:20170522224359j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

4号艇上野選手がダッシュ分前にでて完全に捲り態勢です。

三井所選手はそれでも伸び返して、先に廻ろうとします。

 

峰選手より1艇身近く前にいますよね。

スタート時点でコンマ04差でしたから2/3艇身近くこれでも伸びてるんですよ。

 

先日、半艇身でも伸びればすごいと言いましたがそれ以上伸びてます。

ですが、これだけですごいと言っているわけではありません。

 

では、1Mです。

 

f:id:sakimaikk:20170522224823j:plain

f:id:sakimaikk:20170522224825j:plain

f:id:sakimaikk:20170522224827j:plain

f:id:sakimaikk:20170522224828j:plain

f:id:sakimaikk:20170522224821j:plain

 

はい、こらえました。

普通なら捲られてます。

 

ですが、これだけで終わりません。

5号艇宮地選手が上がってくるんですね。

 

三井所選手と上野選手が揃って外に飛んでますから当然ですね。

 

f:id:sakimaikk:20170522225252j:plain

f:id:sakimaikk:20170522225254j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

はい、このように2M前で捕まります。

それでも4号艇の上野選手との位置を見ていただければわかりますが、相当ちぎってますでしょう?

 

三井所選手の超抜級伸びがあればこそ、まだ前に入れたのです。

ですが、2Mです。

 

f:id:sakimaikk:20170522225447j:plain

f:id:sakimaikk:20170522225449j:plain

f:id:sakimaikk:20170522225451j:plain

f:id:sakimaikk:20170522225446j:plain

 出典:ボートレース唐津HP

 

5号艇宮地選手に張り飛ばされてしまいます。

その隙に4号艇上野選手に前に出られてしまいます。

 

今度もあれだけ外に飛ばされれば当然ですよね。

そして今見ると、琵琶湖優勝戦に展開そっくり。(笑)

 

守田選手と同じシチュエーションだったんですね。(笑)

ですが、違うのは三井所選手のモーターが超抜クラスに仕上がっていた点です。

 

並のモーターならこの時点で終わってますし、それよりもこの状況にまでこれません。

1M捲られて終わってました。

 

ということで、まだこの争い続きます。

 

f:id:sakimaikk:20170522230411j:plain

f:id:sakimaikk:20170522230413j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

はい、2M前ですが前の画像で1艇身差はあったのですがここでもほぼ並んでます。

ですが、胴体ならば普通は外側にいる艇が圧倒的に不利なわけで。

 

内側の艇の外側を廻るか、引き波越えて差すかしなければなりませんから。

まあ、それを覆すのがニュージェネに代表されるような高速ツケマイだったりするわけですが。

 

では、三井所選手は2Mどうしたか?

要は、差すか捲るかどっちだったか?ですね。

 

f:id:sakimaikk:20170522231118j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231119j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231121j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231124j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231128j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231129j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

 はい、差しました。

しかも届いてません。(苦笑)

 

伸びは超抜ですが、廻り足や出足は他の選手と同じくらいだったんですねー。

勝戦ですからね。

 

で、ここで終わったらその4までのお話で終わってればよかったわけで。

上の画像では2,3艇身差がついてますよね?

 

普通なら絶対に追いつかない差です。

それがここから追いついちゃうんですねー。

 

 

f:id:sakimaikk:20170522231733j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231735j:plain

f:id:sakimaikk:20170522231737j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

はい、追いついたどころか前にでちゃった!?

もう、驚いたのなんの。(笑)

 

ここに至るまでほんと伸びるなーって思ってたらここまでとは。

出力低減モーターが採用されてはや3年、私が見た中で一番伸びました。

 

出力低減モーター採用前の従来型モーターでしかも持ちペラ制度時のアウト屋の阿波選手がスタートで伸びてたレベルです。

 

阿波選手は最盛期スリットから2艇身伸びてました。

スタート同体でも余裕で捲ってましたからね。

 

youtubeで検索すれば今でもみれますのでよかったら探してみてください。

で、話をもどして今度は三井所選手が内側ですから当然先マイです。

 

f:id:sakimaikk:20170522232443j:plain

f:id:sakimaikk:20170522232444j:plain

f:id:sakimaikk:20170522232446j:plain

f:id:sakimaikk:20170522232447j:plain

出典:ボートレース宮島HP

 

しかし!

上野選手の差しが届きます!

 

廻り足は上野選手のほうが良かったですね。

ですが、超抜級の伸びがある三井所選手です。

 

f:id:sakimaikk:20170522232750j:plain

出典:ボートレース唐津HP

 

はい、今度も前に出ます。

ですが、バックであんなに伸びたのに今度はそんなに伸びてないのでは?と思われますよね。

 

というか、スタートからして先ほどのバックほど伸びてませんでしたよね?

さらに、1週目バックストレートは上野選手ちぎってましたよね?

 

そう、バックのほうが伸びるんです。

というのは、追い風だったんですよ。

 

ホーム側追い風で、バック側向かい風です。

追い風は機力差が縮まり、向かい風は差が広がります。

 

昔のパワーがあった従来型モーターならこれほどではなかったのですが、出足のない出力低減モーターではその差が広がったというわけです。

 

追い風は艇を後ろから推してくれますが、向かい風は押し戻そうとします。

 

例えるなら軽自動車で平たん路では普通車と並んで走ってても、坂道に差し掛かると軽自動車は全然加速しませんが普通車はまだ加速できるという感じですね。

 

はい、ではレースに戻ります。

次の3周1Mです。

 

f:id:sakimaikk:20170522234042j:plain

f:id:sakimaikk:20170522234044j:plain

f:id:sakimaikk:20170522234045j:plain

f:id:sakimaikk:20170522234047j:plain

 

 はい、伸びきって前に出てから叩き潰しました。(笑)

ホームでもバックほどではなくても伸びますからね。

 

伸びが止まらない感じですね。

行き足が良いだけならばストレート半ばで差が縮まらなくなりますが、伸びが良ければそこからさらに差を縮めたり前にでたりしますが、それでも伸びが売り切れることが多々あります。

 

ここまで伸びが止まらないのも出力低減モーターでは見たことないです。

 

ということで、みっちり三井所選手を見てきましたがいかがだったでしょうか?

伸びるということがどういうことが結構わかっていただけたのではないかと思います。

 

久しぶりに一人の選手について思いっきり語ってみました。(笑)

過去には山崎智也選手について同じくらい書いたことがあります。

 

山崎選手はテクニックがすごいですからねー。

一応ご紹介しておきましょう。

 

plaza.rakuten.co.jp

plaza.rakuten.co.jp

plaza.rakuten.co.jp

plaza.rakuten.co.jp

去年もまるきり同じく書いた文章消えてますね。(苦笑)

 

というか、何度も繰り返してます。(TT)

一時期は他で書いてからコピペしてたんですが、途中から面倒になりまして。(苦笑)

 

だって時間かかるし、かかればかかるほど肩が痛いし腱鞘炎が痛いし。(TT)

すいません、子供みたいなこといいました。

 

内容はおじいちゃんですけどね。(苦笑)

 

さて、もうSGボートレースオールスターが始まりますね!

リンクでご紹介した山崎智也選手も出ています。

 

たぶん、ご紹介した内容全部レースで見れると思います。(笑)

ぜひご注目ください!

 

SGボートレースオールスターも気になるレースをご紹介していきたいと思います。

ぜひご期待ください!

 

おや?なんか似たような文章続きましたね。(笑)

本日もご覧いただきありがとうございました。