読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

G1宮島チャンピオンカップ準優勝戦感想 みんなイン逃げ。でも内容は違いますよ?

こんばんは。

さきまいKです。

 

おっと、今日はさらっと名乗ってしまいました。(笑)

ちょっと時間がないのでさらっと準優勝戦の感想を書かせていただきますね。

 

準優勝戦3レースともイン逃げであっさり決まったように見えますが、イン逃げイン逃げでいろんなパターンがあるわけで。

 

今日はそんなお話です。

 

さて、10Rです。

 

峰選手の逃げ圧勝ですが、ついて来たのは井口選手でした。

これは濱野谷選手が捲り差し狙って失敗したからなんですねー。

 

 f:id:sakimaikk:20170515220818j:plain

出典:ボートレース宮島HP

 

結局、濱野谷選手は捲り差しに入れず中途半端なターンとなって、外を握った井口選手に叩かれてしまい、2号艇市川選手も流れて井口選手が2着でゴールとなったわけです。

 

イン逃げだとあっさり2,3号艇がついていくパターンもよく見ますが、2,3号艇の両方かどちらかが流れたりつぶれたりすると外の艇が絡むことが多いですよね。

 

次、11Rです。

 

池田選手のイン逃げでしたね。

ちなみに、池田選手はNO.2勝率モーターで知恵袋のご回答で優勝候補に挙げてました。(V)

 

私がいつもご質問として挙げる優勝予想ではありませんでしたけれども。

さて、池田選手についていったのはこれまた4号艇の坪井選手でした。

 

今度は2号艇の魚谷選手ですね。

 

f:id:sakimaikk:20170515221730j:plain

出典:ボートレース宮島HP

 

3号艇前田選手にツケマイくらいそうになったので握って廻ったんですよねー。

見ていて、魚ちゃんが厳島神社まで行っちゃうー!?って思いました。(苦笑)

 

ターン時にぴったりつけられるとだれでも握ります。

握らないと確実に叩かれますので。

 

よく見るシーンなんですよ。

決してラフなターンではないんですね。

 

そこだけは誤解なされませんよう。

で、2,3号艇がいなくなれば出てくるのは4,5号艇なわけで。

 

そして、坪井選手のしゃくりがまた炸裂した結果というわけです。(笑)

やっぱり、坪井選手の差しって巧いですねー。

 

さすがです。

まあ、見てると結構みんなしゃくってますけどね。(笑)

 

あ、すいません、私も顎がしゃくれてました。

つい思わず。(笑)

 

 

はい、最後12Rです。

 

瓜生選手のイン逃げです。

瓜生選手の上りタイム(レースタイム)が抜けているので、これは優勝戦も固そうですねー。

 

ちなみに、選手によってはレース中にジェットニードルっていうところのつまみを調整して燃料を濃くしてモーターが吹きすぎて駄目にならないようにするので、タイムが出なかったりもします。

 

内燃機関は燃料と空気の混合比、空燃比によって出力や燃費が変わります。

簡単に言うと薄くする方が出力空燃比で濃くする方が燃費が良くなる理論空燃比です。

 

濃くする方が燃料を使って燃費が悪くなりそうですが、燃焼効率が上がるんですねー。

燃料を燃やし尽くせるというか。

 

そして、さらに薄くしすぎると異常燃焼を起こしてブローしたりします。

ボートレースでブローするような選手は皆無ですけれども。

 

おそらくブローするまで調整できないようになっていると思います。

ちょっと話がそれましたが、上がりタイムが出てないからと言ってモーターも出てないというわけではないのですが、上がりタイムが出ていれば確実にモーターは出ているわけで。

 

さらに、1M廻った後の後ろとの差を見ればわかりやすいですよね。

1M廻った後は必ず全開で走ってますから。

 

余裕ができてから燃料絞りますので。

 

さて、今回は2号艇の桐生選手がきっちりついていきました。

ですが、見てください。

 

f:id:sakimaikk:20170515223047j:plain

出典:ボートレース宮島HP

 

桐生選手も瓜生選手の外握ってるんですよ。

先ほどの魚谷選手も外を廻ったと言えば外を廻ったんですけどね。

 

ですが、桐生選手は十分にスペースをもって握ってますから、3号艇に寄せられて強引に握った魚谷選手とは結果が違ったわけです。

 

しかし、それでも他艇を寄せ付けず2着を獲り切った桐生選手の機力も良かったわけで。

ちなみに、3号艇前本選手はさすがにこのメンバーに入ると伸びは目立ちませんでしたね。

 

あと、スタートが決まりませんでしたからさらに厳しかったです。

最終日に期待したいですね。

 

はい、以上でしたがいかがでしたでしょうか?

単なるイン逃げでも中身が分かれば面白い部分もあったのではないでしょうか?

 

少しでもそう思っていただけたら腱鞘炎を推して書いた甲斐があったなーと思います。(苦笑)

手首が痛い。(TT)

 

デスクワークによる職業病ですね。(TT)

頚椎症、腱鞘炎、プチぎっくり腰、膝は高校の時交通事故で血管が切れいまだに逆関節が痛く、足首は骨座礁と靭帯損傷を2階しましたが完全回復してます。(笑)

 

関節全部逝ってますね。(TT)

え、指が大丈夫ですか?

 

あー、ほんとだー。(笑)

デコピンはまだできますねー。(笑)

 

そうそう、子供を怒るときによくデコピンするんですが(今じゃ逆に喜んじゃって。苦笑)、ゼロ距離デコピンというのを編み出しました。(笑)

 

デコピンの威力って距離感って大事じゃないですか。

しっかりジャストミートしないと痛くないわけで。(笑)

 

なので、デコピンするときに人差し指と薬指を相手のおでこにぴったりあててデコピンします。

そうするといい感じで当たるんですよー。(笑)

 

ぜひお試しください。(笑)

ですが、体罰はだめですよ?

 

え?うちの子ですか?

うちの子は喜んでますので。(笑)

 

愛情が大事だというお話ですねー。

なんかいいこと言った風にまとめた!?

 

と、ぐだぐだな感じで終わりたいと思います。(苦笑)

以前のブログでは恒例だった、ぐだぐだ終わりです。(笑)

 

ちなみに冒頭で言ったようにさらっと終われませんでした。

こんなブログでよろしければ次回もぜひお越しください。(苦笑)