読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

パトカーや白バイは何Km/hオーバーから追いかけてくるのか?

 

こんばんは。

人は追いかければ逃げるもの、逃げるの大好きさきまいKです。(笑)

 

捲るのもいいですが、逃げてなんぼでしょー。(笑)

決して警察から逃げるおはなしではありませんよ?(苦笑)

 

さて、今日は何Km/hオーバーでパトカーや白バイに追いかけられるかですが、シチュエーションにより様々なんですよね。

 

 

f:id:sakimaikk:20170419081826j:plain

 




私が見聞きし、経験したことを踏まえていくつかお話をさせて下さい。



その1

国道2車線60Km/h制限では20km/hオーバーまで追いかけてこない。


これは実体験と聞いた話によります。


私がAE86で国道2車線の追い越し車線を80Km/hで走っていたところ、ふと気づくと真後ろに白バイがいました。

ちょー、びっくりしました。(笑)

慌てて左車線に入り、減速したところ私を追い抜いていきました。


パトランプは回していませんでした。

ただ、睨まれましたが。(苦笑)


あと、知人が国道2車線でスピード違反でつかまりましたが、警察官に

「80Km/hまでなら捕まえないんだけどねー。80Km/h以上出てたからねー。」

と言われたそうです。


さらに、うちの妻が市街地の2車線(国道ではないんです!)で80Km/h出していたところ(一般的な女性はこんなに飛ばさないのでしょうね。(苦笑))白バイに止められました。


しかし、厳重注意のみで切符を切られませんでした。

まあ、これは例外でしょうが。


という状況証拠のみで言ってます。(苦笑)


なので、80Km/hぐらい国道で出しているときにパトカーや白バイが後ろにいてもあわてないでくださいね。(笑)


その2


では、高速道路ではどうでしょうか?

前回高速道路で覆面の交通機動隊に捕まったお話をしました。


あのときも120Km/hから加速したときに追いかけてきたんですよね。

なので、一般道80Km/hと同じお話かもしれませんが他の例がなくて確実ではないです。(苦笑)


ただ、10Km/hいかないくらいまでは捕まえに来ないと思います。

実際に自分の身で確認済みです。(笑)


高速道路でパトカーが巡回していると、みんなパトカーを抜けずに後ろに入るかチョイ斜め後ろにとどまりますよね?

そのとき、抜いてみました。(笑)

 

 

f:id:sakimaikk:20170419081925j:plain

 


とりあえず5Km/h差ぐらいで差を広げ、じわじわ速度を上げてみました。

そしてコーナーで見えなくなってから加速!(笑)


追ってきませんでしたね。(苦笑)

おおよそ10Km/hいかないくらい、一桁であればパトカーを抜いても問題ないようです。


あとは市街地や農道などですが、制限時速40Km/hや50Km/hだと20Km/hオーバーなど当たり前のように捕まるようです。

 ↑ (常識的に考えてそうですよね。)(苦笑)


中には5Km/hオーバーでもつかまったという人もいました。


ただ、先にもいいましたとおり速度メーターや取り締まりのレーダーにも精度誤差がありますからメーター読みの5Km/hオーバーではないのは確かです。


なので、パトカーを見ても「やばい!5Km/hもオーバーしている!」とあわてなくて大丈夫ですよ?(笑)


まあ、一般道を走るときの暗黙のルールとして、市街地は10Km/hオーバーまで、郊外で20Km/hまでで巡航している車が多いですよね。


だいたい制限速度で走っている車は大抵追い抜かれてますし。


一般の自動車道(一般道、高速問わず)というのは流れというものがあり、それを妨げるものがあると渋滞が起こるものです。

警察もそれを分かっていて制限時速を絶対厳守としていないのだと思います。


制限時速厳守でスピード違反を取り締まっていたらパトカーが足りないわけでして。

まあ、グレーゾーンというのはどこにもあるものです。


そのグレーゾーンはどこから白か、どこから黒か試してみたくなったりしませんかね?

しませんよね。(苦笑)

 

それにしても、オービスに覆面にパトカー、白バイと一通りお話ししましたが、車を運転する誰もが気になったり経験したり(?)したお話だったのではないでしょうか。

 

全部経験談などによる私見でしたが、参考にしてみてください。

試さなくていですからね?(笑)

 

さて、次回はボートレースお話になると思います。

こちらも初心にもどろうかなー?どうしようかなー?といったところです。

 

よろしければまたご訪問ください。

首を固くしてお待ちしております。

 

肩がごきごきです。(TT)