読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

ボートレースのターンと車のドリフトは似ています。3 ~アンダーとオーバー~

おはようございます。

一度書いた記事が消えてテンションがだだ下がりになるという、例に漏れないさきまいKです。(TT)

 

キャッシュの履歴からとかサルベージできるそうですが、調べてたら1時間くらいかかってもできず、1時間あれば書き直せてたのに!あ”-ー!!って、なってます。(苦笑)

 

結局あきらめました。(笑)

基本、あきらめが悪いんですが首の痛さに負けました。(TT)

 

はい、ということでターンとドリフトのお話完結編です。

車やバイクで、アンダーステアとかオーバーステアとかありますよね?

 

コーナーの理想的なラインより外に外に出て行ってしまうのがアンダーで、内に内に巻き込んでいってしまうのがオーバーです。

 

細かいこと言うと、入り口のアンダーと出口のアンダーとかあって、ブレーキング時からターンインでアンダーが出る場合と、立ち上がりの加速でアンダーが出る場合ですね。

 

オーバーはリヤがスライドしだすので、下手するとそのままスピンします。

 

ちなみに、ドリフト中でもアンダーとオーバーがあります。

ドリフトはすでにリヤがスライドしてるから、オーバーでは?と思う方もおられるかもしれませんね。

 

ですが、リヤをスライドさせているときに外に外に向いてしまう車やセッティングがあるんですよ。

 

私のトレハチ(前述の通りAE86トレノのことです。)がそうでした。(苦笑)

パワーがないのでグリップしだして思うように内に向かなかったりするんですよね。

 

さらには、シルビアやスカイラインだとライン間違えてタイヤバリヤにつっこみそうになったときなど、やばい!ってなったときにブレーキで前荷重にすればそのままスピンできるんですが、ハチロクとかだと下手するとブレーキング前荷重でアンダーがでてそのまま刺さります。

 

2度ほどタイヤバリヤ吹っ飛ばしました。(TT)

最初のころはほんと苦労しましたねー。

 

シルビアやスカイラインで出来たとことがトレハチ(しつこいようですがAE86トレノです。笑)ではすぐにはできなかったんですよねー。

 

シルビアは280馬力くらいまで上げてありましたので、それこそショートサーキットなら横向いて1周できてたんですが(もちろん直線もつなげてました。さらに言うなら最終コーナー立ち上がりから全部です。V)、トレハチだと振り返しすらうまくできなかったくらいです。

 

今でも直線流すのがやっとです。

1周は無理ですねー。

 

というか、雨の日バックストレートをつなげることができて、調子乗ってたらブローしましたからね。(TT)

 

と、ボートレースのお話でしたよね。(苦笑)

ということで、ボートレースのターンにもオーバーとアンダーがあります。

 

周回展示やってますよね?

同じスピードで廻ってても旋回半径違いますよね?

 

それです。(笑)

簡単に言いすぎですよね。(苦笑)

 

これが見てわかるようになると、舟券にとても役立ちますのでぜひ刮目してご覧ください。(笑)

 

実際に画像で見るとこうです。

 

f:id:sakimaikk:20170426040352j:plain

f:id:sakimaikk:20170426040353j:plain

出典:ボートレース尼崎

 

 

黒の2号艇の選手と青の4号艇の選手は同じくらいのスピードで廻ってるのですが、これだけ旋回半径が違ってます。

 

青の4号艇が外に外にはらんでいってしまっているんですね。

要はアンダーでてます。

 

で、オーバーが前回ご紹介したキャビテーションによるスピンだったりするわけです。

まあ、ボートレースではアンダーとかオーバーとはいいませんけどね。

 

もちろん、アンダー出てる選手が良いわけはないですよね。

 

実際に、これは昨年のボートレース最高グレードであるSGでの周回展示なのですが、黒の2号艇の選手は準優勝戦まで勝ち進み惜しくも3着で優勝戦に進めなかったのですが、青の4号艇の選手は準優勝戦に乗るどころか後ろから数えたほうが早い予選順位でした。

 

これは分かりやすい例をもってきたのですが、実際は旋回半径の違いが微妙なことが多いですし、何しろ旋回速度、というか進入速度の違いを見て取れるようになるにはちょっとやそっとじゃ難しかったりします。

 

一つ、コツをお話するなら、速度が速ければ速いほど引き波がたちますし、曲がる艇は立ち上がる前から舳先の向きが違います。

 

このあたりのお話はココナラで販売している資料とかで詳しく説明しているのですが、ここではやめておきますね。

 

興味のある方は以前のブログをご覧いただければと思います。

 

plaza.rakuten.co.jp

 

はい、以上ですがいかがでしたでしょうか?

 

車とボートレースのブログを統一した、まさに象徴する内容だったのですがボートレースに興味のなかった方が少しでも興味を持っていただけたらこの上なく嬉しく思います。

 

もし、ボートレースをやってみたいけどどうやればいいかわからない!?という方は良かったらなんでもご質問していただければと思います。

 

もしくはこちらに詳しく書いてあるのでご参照ください。

 

BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE

 

さらに、Yahoo!知恵袋ではカテマスをやらせていただいてますので、そちらでご質問頂いてもよろこんでご回答させていただきます。

 

chiebukuro.yahoo.co.jp

 

ちなみに、1聞かれると2~10ぐらいお返しするさきまいKです。(笑)

基本、おしゃべりでおせっかいです。

 

あ、もひとつ追加です。

おしゃべりでおせっかいでおせっかちです。(笑)

 

なんかゴロがいいので並べてみました。

おせっかちって言葉初めてみましたけど。(笑)

 

ちなみに、先日ファミリカーのフィットのブレーキパッド交換したんですが、ブレーキキャリパーのボルトがひとつ脱落してました。(TT)

 

それぐらいおせっかちさんです。(TT)

今後ともおせっかちさんなさきいまいKを寛容なお心でよろしくお願い致します。(苦笑)