読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

ボートレーサー(競艇選手)とドリフト

おはようございます。

ボートレースが文字通り朝飯前なさきまいKです。(笑)

 

まあ、ブログ書いてるだけですが。

リプレイは見れますよね。(笑)

 

JLCも見れます。(V)

 

さて、今日はボートレーサー(競艇選手)をご紹介したいと思います。

ある雑誌を見て、これはご紹介せねば!と思った次第です。

 

こちらです。

 

f:id:sakimaikk:20170428055725j:plain

出典:ドリフト天国2017年5月号 三栄書房

 

何故ドリ天でボートレーサー(競艇選手)?と思われるかもしれませんが、意外な職業のドリフターを紹介していたんですね。

一応印つけときました。(笑)

 

で、紹介されていた選手がこちらの選手です。

 

f:id:sakimaikk:20170428061422j:plain

出典:ドリフト天国 2017年5月号 p31 三栄書房

 

青木玄太選手です。

以下ボートレースオフィシャルウェブより。

 

f:id:sakimaikk:20170428062241j:plain

 

 

現在A2級ではありますが、A1級にもちょくちょく上がっており前期まで4期連続でA1級でした。

 

そしてなにより、雑誌でも紹介されていましたが今年1月の記念レース、大村G2モーターボート多誕生祭を制して勢いに乗る選手なのです。

 

そんな、艇界で勢いに乗る選手がドリフターなんですねー。

ドリ天はたまーに立ち読みする程度なんですが、ふとコンビニで手にしてタイトル見て即買いしてしまいました。(笑)

 

前回までボートレースのターンとドリフトのお話してた最中なので、なんてタイムリーな!って感じです。(笑)

 

車がまた綺麗ですよねー。

私のトレハチとは大違いです。(苦笑)

 

オールペンのツートンカラー!

メカドッ〇のグレーサーZを思いたしますね。(笑)

 

同じツートンカラーなんですけどねー。(苦笑)

 車もしっかりといじってあるようで。

 

 f:id:sakimaikk:20170428063745j:plain

出典:ドリフト天国2017年5月号 p33 三栄書房

 

ブーストアップ仕様で社外タービンまでは入れておらず、300ps程度だそうですが6速クロスミッションと合わさってとてもドリフトしやすいようですね。

 

私もS14でブーストアップ仕様でしたが、280馬力程度でこれ以上ブースト圧上げるとしたらヘッドガスケットをメタルにしないとダメなんですよ。

 

エンジン開けるとさらにお金がかかるので当時はそこまでできませんでしたが、今なら自分でやってみるとおもうのですけれど。

 

そして、今のトレハチに3速クロスミッションが入ってますのでクロスミッションの恩恵がよくわかります。

ギヤ比がクロスするからクロスミッションですが、各ギヤ比が近づくという意味よりも1速のギヤ比に他のギヤ比を近づけるといった方がピンときます。

 

2,3速のギヤ比が上がるのでよりドリフトしやすくなるわけですね。

ですが、3速クロスミッションだと、2,3速のギヤ比を1速に近づけるのでその分3,4速のトルクバンドに開きが出ます。

 

6速ミッションだと5速の最高速が下がるので6速足してるわけですね。

ちなみに私のトレハチはファイナルも変更しているので、5速で100Km/h出すと4000rpm超えます。

 

まだやったことありませんが、レッドゾーンまでまわしても180km/h届かないと思います。

160km/hいくかなー、ぐらいですね。

 

燃費も良くないです。(TT)

まあ、ターボ車よりましか同じかといった程度ですけど。

 

おっと、青木選手の紹介でしたね。(苦笑)

青木選手は雑誌によると、子供のころからカートに乗っていたそうで四輪の世界はお金がかかると、趣味のドリフトにもお金がかかることもありボートレーサーになったとか。

 

このモータースポーツでお金がかかるからとか、他のモータースポーツからの参戦というのは結構聞くお話です。

 

私自身、自己紹介でもお話しましたが身に染みてわかるお話ですので。

年齢が年齢なら私もボートレーサー目指してました。

 

今回はたまたまドリ天で見かけたのですが、他にもボートレーサーでドリフトする選手はいます。

といっても、実際に知っているのは1人だけですけど。(苦笑)

 

ボートレーサーは1600名ほどいますので、他にもドリフトしている選手がいてもなにもおかしくないですよね。

で、JLCで特集されていたのが岩瀬裕亮選手です。

 

岩瀬選手は前のブログでも私が注目している若手選手の一人とご紹介してました。

ちらっとドリフトのお話もしてましたね。

 

ちなみに、青木選手が滋賀支部で岩瀬選手は愛知支部、期も違うので接点はないとおもうのですが、もしかしたらドリフトつながりがあるかもしれませんね。

 

岩瀬選手は180sxでJLCでは車まで詳細に紹介されてませんでしたが、ぱっと見青木選手と同じくブーストアップ仕様でしたね。

 

で、ここで岩瀬選手のお話を始めたのは実は次回に繋がるお話なんですねー。

今回はボートレーサーの紹介といいつつ、話の内容が車のお話でしたが(苦笑)、次回はがっつりボートレースのお話です。

 

ぜひご期待ください。