読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

ちょっと雑談を。エビスサーキットに行ってきました。その2

おはようございます。

ターボ車が本気でほしいと思うさきまいKです。(苦笑)

 

パワーに余裕があればハチロクほどぶんまわさなくてもいいですからねー。

 

さて、エビスサーキットに行ってきたお話の続きですが、そのときの外人さんたちとのお話を今日はしたいと思います。

外人さんにゲート前でも話かけられまして。

 

oh! hachiroku? って。

ハチロクって英語で通じるんだ!?って驚きました。(笑)

 

片言で聞いてみると、オーストラリアから来ていて自分もハチロクもっているとか。

 

ハチロク イズ ハッチバック 。 ディス イズ ノッチバック 。

って言ってました。

 

そう、私の車は2ドアなのでトランクのあるノッチバックなんですね。

良く知ってるなーって感心しました。

 

私の口から出た言葉は ドゥーユーノウ? ドゥーユーノウ?でしたが。

出てくる言葉は中学英語で通じてるのかどうか。(苦笑)

 

ちなみに英検5級ですよ?

英検4級落ちました。(TT)

 

あれは忘れもしない中学二年のとき。

それが大学受験まで響くことになろうとは。(TT)

 

って、話はどうでもよくて。(苦笑)

 

で、6割ぐらいしか聞き取れませんがどうやらレンタル車両で今日走るとか。

ユー ドリフト?

 

って聞かれて、イエス アイム ドリフト 。 私はドリフトです。(?)と直訳すると意味不明なことを言っていたらとても喜んでいました。(笑)

 

どのコースを走るのか聞いてみたら、どうやら一緒のコースを走るらしくて。

ですが、そのときはなめてました。

 

どうせおのぼりさんが来てるだけだろうと。

ドリフト初心者ぐらいに見てました。

 

実際コースで走ってるの見たら驚きました!

完全に上級者の走りでした!

 

180sxでしたが、ホームストレートで100Km/h以上から3発流してからの1コーナー進入!

この切れがすごいんじゃ。

 

↑ (千〇ノブ風!?最近とてもお気に入りです。)(笑)

 

日本人の誰にも引けをとらない走りで!

あとで私の車のほうに話に来てくれたので、 ベリーナイス!エクセレント!って拍手して上げました。(笑)

 

↑ (なんか上から目線でしたかね?)(苦笑)

 

マイカー イズ メタルブロー 。  ってブローした私のエンジンかけて見せると、私と一緒にお仲間の4,5人と ノー!ってしかめっ面してました。(笑)

 

カラカラカラカラーって音がしてましたからね。(TT)

あと、携帯でオーストラリアにあるハチロクを見せてくれました。

 

綺麗な赤のハチロクでリヤのオーバーフェンダーがすごくて。

エンジンはAE111の5バルブエンジンでした。

 

そう、最初からトゥエンティバルブと言ってましたから。

私のはシックスティーンバルブ?って聞いてきてましたし。

 

簡単に説明すると、レビン、トレノはAE86,AE92、AE101、AE111とモデルチェンジしていて、最終型のAE111のエンジンがAE86にも載るんですね。

 

もちろんポン付けとはいきませんけれども。

 

AE92までは吸気2バルブ、排気2バルブの1気筒4バルブ、4気筒16バルブなんですが、AE101から吸気3バルブ、排気2バルブの1気筒5バルブになるんですね。

 

要はいっぱい空気吸えるようにしたんですね。

5バルブ×4気筒で20バルブなわけです。

 

本の雑誌などでは5バルブエンジンという表現をするんですけどね。

ドゥーユーノウ エーイー きゅーにー?

 

と聞いてみると首をかしげてました。

そりゃきゅーにーって日本語で聞いてればそうでしょうね。(苦笑)

 

AE86のアフターモデルというと、オー!フロントドライブ?ってすぐに分かってくれました。

私のエンジンはAE92のエンジンでしたのでその説明してたんですね。

 

AE92以降、レビン、トレノはFFになってしまうんですねー。

FRは縦置きエンジンですがFFは横置きエンジンなのでいろいろエンジンルームレイアウトがかわるんですよ。

 

そこがAE86に以降のモデルのエンジンがポン付けできない大きな理由です。

デスビとか水回りの位置とかが、ちがっちゃうんですよねー。

 

と、細かい話をしだすとマニアックになるのでこのあたりにしておきましょう。

十分マニアックですか?(苦笑)

 

あと、他の外人さんの謎のステッカーもらったり、運転席に乗ってたらグーサインもらったり(もちろんぐー!って返しました。笑)しましたし、ホームストレートの壁で見ていたらコースインする外人さんと目が合って、私が車が来ていないのを確認して上げて、ゴー!って言ってあげたりしました。(笑)

 

ゴー!っていう指し示す手は二本指です。(笑)

気分はピットクルーだったり、空母から戦闘機を発進させる旗手でしたね。(笑)

 

一生でこんなに外人さんと触れ合ったのは2回目です。

ちなみに1回目はハワイです。

 

結婚式とハネムーンがハワイでした。(V)

生涯で最初で最後の海外です。(笑)

 

綺麗な海が見たければ沖縄で十分というのが私の結論です。(苦笑)

今度その話でもしてみましょうか。

 

だいぶ話が発散しましたが(苦笑)、エビスサーキットが国際化しているお話を実体験でしたわけでしたが、ヤフーニュースの記事だけではわからない部分がとてもあったと思います。

 

ほんとにここまでとは全く思ってませんでした。

ちょっと、英会話をちゃんと勉強しようかなって気になりましたよ。(笑)

 

さて、次回はボートレースを科学するお話に戻ります。

茅原選手のターンの秘密がわかりますよー?

 

ぜひご覧ください。