読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さきまいKの車やボートレースなどのブログ

車やボートなどの雑多なお話を交えたブログです。

ボートレース・競艇初心者応援サイトさきまいKの車のブログを統合しました。
雑多な話も交えていきますので良かったらいろいろ楽しんでいってください。

G1宮島チャンピオンカップ優勝戦感想 瓜生選手の圧勝!

こんばんは。

きょうこそさらっと書きたいさきまいKです。(笑)

 

瓜生正義選手、優勝おめでとうございます!

先月のF2から期が明けての早速のG1優勝です!

 

これが枷が外れた瓜生選手の実力ですよー。

まあ、機力も良かったのはいうまでもないですよね。

 

やはり、準優勝戦でのレースタイムが抜けてたのはそのまま機力に出ていたようですね。

そして2,3着競りが激しかったですねー。

 

艇界最高峰の2,3着競りでした。

それもそのはず、あらためてメンバー見ても豪華なメンバーですよねー。

 

そのままSG優勝戦と言っても全く遜色ないメンバーです。

それどころかグランプリ決勝と言っても疑わないでしょう。

 

さて、それでは瓜生選手の圧巻のイン逃げをレースで見ていきましょう。

 

まず、スタートで2号艇池田選手が遅れてしまいます。

珍しいことですよね。

 

f:id:sakimaikk:20170516224557j:plain

出典:ボートレース宮島HP

 

若干3号艇の峰選手も遅れてますから、4号艇桐生選手の伸び次第ではカドからの捲り差しや峰選手が伸び返したりもたせたりしてからの捲り差しが考えられるスリット隊形です。

 

そして、1M前です。

峰選手がもたせることができたので桐生選手より先に廻ります。

 

f:id:sakimaikk:20170516225414j:plain

 

ですが!

峰選手は捲り差しではなく、捲りというか外を廻るんですねー。

 

f:id:sakimaikk:20170516225512j:plain

f:id:sakimaikk:20170516225547j:plain

f:id:sakimaikk:20170516225548j:plain

 

これを見てなんで捲り差しいかないの!?って思われる方もいらっしゃると思います。

ですが大変難しいシーンなんですよ。

 

池田選手がスタート遅れたといってもターンマークの最内を廻ろうとしたでしょう?

結果、瓜生千選手の引き波にのっちゃったわけですが、峰選手が捲り差ししようとするならこの池田選手を叩きながら瓜生選手との間に入ることになりますよね?

 

ですがすぐ上の画像見てください。

タイミングが難しいところではありますが、もし峰選手が捲り差しに入っていたら内側から池田選手に押し出される形で瓜生選手の引き波をかぶっていたと思います。

 

この同じシーンで捲り差しに入って内側の2号艇に押し出される選手を今までさんざん見てきました。

この難しいシーン、難しい判断を峰選手はとっさに理解して外に出たんですね。

 

相変わらずすごい選手だと思います。

早くSG獲ればいいのに。(笑)

 

結果、瓜生選手は隣の壁がないにも関わらず、峰選手をがっちり受け止めて逃げたわけです。

先月F2でスタート行けずに苦しんでいた姿とは正反対の威風堂々としたターンでした!

 

あえてでなくても言います、あっぱれ!(笑)

ちなみに1M立ち上がった後見てください。

 

f:id:sakimaikk:20170516230634j:plain

 

はい、結局これだけ後続を引きちぎりました。

間違いなく節一の機力でしたね。

 

さて、次回は余裕があればこのあと行われた激しい2,3着競りのお話をできたらと思います。

出来なかったらおそらく、日にちが空くかもですが予想の仕方について初心に戻ってお話を始めてみたいと思っています。

 

よかったらぜひ次回もご訪問ください。

この度も当ブログを読んでいただき有難うございました。